2007年04月23日

feel the rain

あーあ、やダナァ…。
雨はうっとおしくっテメンドクサイ。
あー…髪の毛はぼさぼさダシ…。

いっそガッコ行かなくてイイヤ。

ナンテ、思ってたら部屋にチャイムが鳴った。
寮に来る人は月亞位しかイナイけど、まさかこの時間に月亞が来る筈がナイ。
月亞は毎朝6時に起きテ、体操をシテ、学校へ行く。
まぁ無理もナイ。アイツの住んでたトコとか考えると涙が…

じゃ、なくて。
重い腰をアゲテ、ドアを開けタラそこに、イタ。
シキ。

「や、ヒサシブリv」
「ああ、久しぶりだな」

相変わらずソッケナイなぁ。
ンデ、何の用事か聞いても答えてはくれなかっタ。

「…ミルク飲みに来たノ?」
「…いや、別に」
「コーヒー苦手なんダッケ?」
「ああ」

…愛想買ってオイデ?って言いたいクライ。
ナンカ、答えのナイクイズみたいダ。

「…会ったか?」
「…ナンノコト?」
「会ったか、を聞いている」

突然話し掛けたとオモエバ、イミフメイ。
分からなくモナイけど分からナイってイイタイ。
そんなシツモンだ。

「…タブン?」
「…そうか」

シバラクして、シキは帰った。
ってゆーか、帰ったノカナ?
シキの家、知らないナァ…。
時々こうして会うケド、シキはあんまり自分から話さナイシ…。

今度聞いてみよう♪


そうこうしてると、もう晴れてタ。
雨が嘘ミタく思えたカラ、月亞と遊ぶコトにした。

<<きょうはねー…じゃあバトミントンしよう!ねっ!>>

なかなかゴーインに決めヤガル。
月亞はいつもソウだから別にコマラナイけど。

ミチバタに羽が落ちてタ。
黒い。カラスだ。

『お前は、黒い翼だな』

ふと、思い出す。
報われたような、救われたようなあのオモイを。
セカイがウソじゃナイと思えるのは、あの日がアルからカモとか思う。

風で羽は水たまりに堕ちテ、濡れた。
つやめく色に思い出すのは…

――――――――――――――――――――――



『降り止まぬ雨を感じた』

極一般的な銀誓館学園における寮の一部屋に『それ』は棲んでいる。
『それ』は決して敵対的な存在ではない。
破壊性を秘めている『それ』は、私に近い存在であるとも言える。

別に名前を覚えていない訳ではない。
名前よりももっと相応しい呼び名があるように感じるからだ。

雨が降っている。
なるべく濡れることの少ない経路を選びここ迄やって来た。
『それ』の部屋を訪れるのは四度目になる。

『雨の日はダルいから、タブン学校にはイカナイ』

過去にそんな事を言っていた覚えがある。
恐らくいるだろう。

「や、ヒサシブリv」
「ああ、久しぶりだな。お邪魔する」

彼の名前を覚えていないと言ったが、それは半分嘘だ。
愛称である『ルキ』というのしか覚えていない。
黒翼のルキ。
それが彼への精一杯の呼び名だ。

彼は時々私の事を聞く。
それに私は適当に答える。
この空間は決して嫌いなものではない。
私が武器を構えれば崩壊してしまうソレを共有するのはとても楽しい。

私は私の聞きたい事だけを聞く。
彼はあまり嘘をつかない。
他の者の事は分からないが私に対してはそうである。

『導く者を存じかぇ?』

翼を知る者が翼を持つ者とは限らないと思い知らされた夜。
同じ「月と死を命とする」者の香り。
迷える魂と、絆ありし魂を導く者。

「…会ったか?」
「…ナンノコト?」
「会ったか、を聞いている」
「……タブン?」
「…そうか」

遠き古に翼を持ちて導いた者がいると聞いた。
もし、それが可能ならば黒翼を持つこの者にはその可能性があるかもしれない。

ただもし導かねばならない存在が居たとして、それを導くだろうか?

私は部屋を後にした。
雨は上がっていた。
雨の方がまだ心地がよく感じられる日だった。

親類の家へ行ったような気持ちで家へと帰った。
今日もFAXが来ている。

『屍姫さんへ

 たまには帰ってきてはいかがですか?
 お正月の宴以来、お会いしていないような気がします。
 どうか、お休みが頂けるようでしたら帰ってきて下さい。
 連絡して頂ければ御用意致します。

 香美斗より 』

義母からだ。
この前は宴で手みやげもあまり要らなかったし今度こそ色々持っていこう。
大形連休が始まるより前に行ってしまおうと準備を、始めた。
posted by 翼者 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 灰×黒輪舞曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。